2017/07/14

20年ぶりの海水浴


小天橋海水浴場

小天橋海水浴場は日本海に面した京丹後市の海水浴場で海も砂浜もとてもきれいです。











小天橋海水浴場

毎年夏らしいことは何もしないまま季節が終わってしまう。
今年はなんとか海で泳ぎたいと思っていて
ピーカンの今日ようやくその思いが叶いました。
僕は海で泳ぐのが好きなのです。











小天橋海水浴場

まだ夏休みが始まっていないのでとてもすいています。
水はまだ少し冷たかったけど砂浜はアツアツ。










小天橋海水浴場

2時間ほど泳いで海の家できつねうどんを食べて。











R0017084

日焼けして帰ってきました。








2017/07/13

永遠の夏

eternal summer


今日も泳いだ
背中の皮が剥けるなんて何十年ぶりだろう
水を掻く腕の影が
光の網の中をゆっくり進んでいく






















2017/07/04

折にふれなば

P7010026


庄司薫氏の「白鳥の歌なんか聞こえない」には「折にふれなば何事かこころ動かさざらん」という一句がある。
あらゆる事を知り尽くしつつ何も生み出さないまま人生を終えることを由とする友人横田君の立場を擁護するための話のきっかけに薫君が引用したのがこの句なのだが、この句の意味を知らない読者は薫君の以後の話の意図を追いかけられなくなる。

僕も意味がわからなかったのでJapanKnowledgeで調べてみたが出典不明。
ネットで検索してみると奥さんの中村紘子さんが2003年のNHK人間講座「国際コンクールの光と影」で同句を引用されていることがわかったので(つまりご夫婦の間では当然この句の意味を共有しつつごく自然に日常会話にこの句が盛り込まれていたことが容易に想像されるわけだが、そしてそれはなんと知的レベルの高いご夫婦だったことだろう!)、それで僕もわざわざ同書を取り寄せてみたがやっぱりスッキリしない。僕は古文は苦手だけど自分で解釈してみることにした。

「折に触れて」は「機会あるごとに」という意味だから「何らかの機会も無ければどうして心動かされようか」、転じて「ひとが何かに心を動かされるのはやはり何かのきっかけがあってこそだ」、あるいは「きっかけ次第でひとはどんなことにでも心動かされうるものだ」、さらに砕けて言えば「蓼食う虫も好き好き」というほどの意味か。

そうすると、それはつまり小説の本文に戻れば、慌てず騒がず飄々と生きているようにみえる横田君が実は「死に急いでいる」という深刻な事情を彼自身の口から聞いてしまったことで、彼の一見楽天的に見える生き方を無碍に否定できない、つまり「折にふれなば何事かこころ動かさざらん」という訳なのだ。

あとはこの句の出典が明らかになればすっきりするのだが、本居宣長あたりだろうか。どなたかご存じですか?














2017/07/02

weeds

P7010025EPPblueshadow


最近シャンプーでなく石鹸で頭を洗っている。
僕は元々寝癖が酷くて(爆発アタマとかライオンとか呼ばれていた)学生時代にはこっそり父親のポマードなんかを拝借して誤魔化していたが、あるとき、たぶん働き始めてからと思うが洗面所で頭全体をお湯でシャワーしてバスタオルで拭くのが一番簡単に寝癖がとれることに気が付いてからは今でもずっとその方式を踏襲している。
そして僕はこんな簡単な方法で解決したことに驚き、それ以来たとえ永年苦労していてもふとしたきっかけでものごとは意外なかたちで解決することがあるものだということのたとえに使ったりしたが、当然ながらあまり共感してもらえなかった。まぁそりゃそうだろう。
ところが先日ふと思いついて石鹸で頭を洗ってみたら翌朝寝癖がない!なんと何もしなくても髪型がまとまっているのだ。もちろん洗った当座は髪の毛がギシギシするし髪の毛や地肌に良くないような気もするが、まぁどうなったって禿げるだけだし自己責任だ。写真は関係ないようであるような公園の雑草。


















2017/07/01

紫陽花

hydrangea

メニエール病による眩暈と耳鳴りと難聴で5月末から休職して一ヶ月。耳の変調以外は元気なので運動不足解消のために水泳したりジョギングしたりしていたんですが、今度は急な運動がたたって膝や股関節の痛みで蟄居を余儀なくされています。ずっと家にいると気が滅入ってくるし妻のすすめで夕方久しぶりにOM-D E-M1にノクトンの25mmを付けて写真散歩。これはガードレール脇に咲いていたおかめ紫陽花。









2017/06/30

最近の日記から(2)

平成29年6月29日(木)
昨日は家の石垣から出立した蟻軍団が玄関の左側のコンクリートの隙間の小さな穴に侵入してきているのを発見。穴をボンドでふさいだあとキンチョールで蟻退治。今日は市民プールの一ヶ月泳ぎ放題券の期限だけど混んでいたので500メートルだけ泳いで帰宅。

昨日から「白鳥の歌なんか聞えない」を読んでいる。
「自分」を大切にするあまり行動に踏み切れず膨大な知識を抱えたまま「死」という大波にのまれて跡形もなく消え去ってしまう空しさと淋しさ、かといって「死」の陰に追い立てられてみっともなくあたふたと安易な行動に駆り立てられてしまっては大切にしていた「自分」に申し訳が立たない。薫君は果たして両極端に落ちずに困難な真ん中の道を歩むことが可能かという物語。

平成29年6月30日(金)
朝まだきの激しい雷雨。午前中に「白鳥」を読み終える。身体全体がだるく運動とは当分おさらばだ。
庄司薫の青春4部作は余すところあと一作。およそ40年前大学時代に読み終えたときにはわからなかったことだが、これら4部作は「若者の力を奪ったり歪ませるものから若者たちを守るため」に書かれていたのだった。我々読者は知らないうちにあふれるような愛情を著者から注がれていたわけだ。
辺境をさまよう若者たちが奈落へ落ちるのを防ぐために朱雀・白虎・玄武・青龍という四神を警護に立てたという視点に立てば、「広いライ麦畑で遊んでいる子供たちが、崖から落ちないようにするための番人になりたい」とするJ・D・サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」へのオマージュとも読み取れる。










2017/06/28

最近の日記から


平成29年6月26日(月)
夕べの夢。見たこともないある狭いビルの中。どの階も酷い有様でゴミ屋敷のようだ。どの机の周辺も煩雑極まりなく足の踏み場もない。そこを数匹のワラビーが走り回っている。4階、5階、6階と探したが結局僕の机は見つからなかった。これはつまりここにはもう僕の居場所はないという意味か。そしてメニエールは、困難な状況に空けられた鍵か。
iTunesでムーティ・シカゴのブルックナーの9番を購入。続いてネットでフルトヴェングラーの同じくブルックナー9番をダウンロード。

「無」とは境界が「無い」こと。境界の消滅を意味するのではないか。

夕方庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」が届いたので読む。この本は大学時代に友人(H君)にあげてしまったのを今回再購入。やはりとても面白い。

平成29年6月27日(火)
朝早く職場へ行き父親の介護の意見書を書いて提出。昼から500メートル泳ぐ。水泳を始めて13日目。手で水を掻く感じがわかるようになった。「赤頭巾ちゃん」を読み終える。

平成29年6月28日(水)
どうして今僕が庄司薫のことが気になっているのかというと、今の彼の表面上の隠居は何を意味するのか、そしてそれはかつて彼が記述していたこととどう整合するのかという疑問が以前にも増して僕の中で大きくなっているからだ(今の僕もある意味隠居だし)。
例えば作家を辞めて畑仕事を始めたとかなら、「総退却」して「生きる」事をテーマにしたんだなと思うけれど(それはわかりやすい)、株や不動産の売買を生業にしているという噂を聞くとそれこそさっぱりわからない。江田五月なんかと交流があるという話からすると、ひょっとして思慮遠謀術数に富む彼のことだからマネーゲームでしこたま蓄えた資産と政界への人脈をフルに活用してサヨクの中枢で暗躍しているんじゃないか、なんてこともふと頭をよぎるわけで、それも強ち突拍子もない想像とは言えない気もする。
ただそれにしても解せないのは、そして庄司薫氏の場合は想像を前提にしてではあるが内田樹氏にしても、彼らのような生き馬の目を抜くほどの軽やかでしなやかな知性の持ち主が揃いも揃って、僕から見れば中韓の太鼓持ちという見え透いた政治的茶番(しかしそれはマスコミを使って確実に日本を万力で締め付け日本を中国の覇権下に墜とし込もうとする実効力のある茶番ではあるのだが)の走狗になっているという構図をどのように解釈しているのかという点なのだ。

夕方「さよなら快傑黒頭巾」を読み終える。「青春の死」に向けた鎮魂歌。宮崎駿氏の「紅の豚」は本作へのオマージュか。








2017/06/10

moon on wire

moon on wire


かつてはネタを漁るという姿勢だった。
ネタがないときにはネタに仕上げるという姿勢だった。‬
‪それよりはまず僕自身が、生きて生活することの方が大事だと思うようになった。‬
‪写真は撮りたいものと出会ってから。‬










2017/05/05

river of May

river of May


もうカメラ・写真なんかどうでもいい。何ならやめてもいいと思うくらいになってからカメラとの本当のつきあいが始まるのかもしれない。
もちろんそれなくしては日も夜も明けぬという時期はあるだろうけれど、その時期を過ぎたらじゃあもう別れるかというふうに考えるんじゃなくて、さてそこから穏やかなバランスのとれた生活が始まるんだと。

















2017/05/04

the season of fresh green

the season of fresh green


近場でばかりで撮っているとレンズ個々の魅力に頼らざるを得なくて、それに飽きたらもう撮れない。
でもそのためにスペクタクルな場所へ出掛けるというのは気が引ける。
そもそも誰のためにスペクタクルな場所に出掛けなければならないのだろう。
そういう行為って僕の中では何だかあさましい感じがする。

行楽でも仕事でもいいけど何かほかに当地へ行く理由があって、行ってみたら魅力的な景色なりひとと出会ったので写真を撮りたくなったというならわかるけど、写真を撮るためにスペクタクルな場所へわざわざ出掛けるというのが何だかいやなのだ。
それはつまり僕の中で写真を撮るという行為がかつてのような自己表現ではなくなってきているせいかもしれない。

ある有名な作家の妻とおぼしき人もこう言っている。
「なぜ何か(表現活動を)しないのか、とよく言われるけれど、自分の人生を全うする以上の自己表現はない」















2017/04/22

原平さんの「いや」




今日久しぶりに赤瀬川原平さんの「金属人類学入門」をお風呂に持って入った。
僕はいろんな本をお風呂で読むけれどとりわけ原平さんの本が好きでよくお風呂で読むのだ。
その金属人類学入門の最初の方に次のような文章が載っている。

「人間とはそういう生き物らしい。親孝行したいときには親は無し型生物といわれている。いわれているかどうかは知らないが、ちょうどカメラの世界がそういうところにさしかかっているのだ。
いやカメラに限らないことだが、身の回りから急速に金属が減ってきている。もちろん高層ビルは中にたくさんの鉄骨が使われているが、それもしかし最近は柔構造となって、鉄の量は昔にくらべて減っているのではないだろうか。
いや専門的なことはわからない。でもカメラが金属製品でなくなってきていることはわかるのだ。機械製品でもなくなって電子製品になってきている。それはそれで世の中の発展に過ぎないことだけど、何故かカメラファンには不満が広がっている。
いや調査したわけではないが、自分の中のカメラファン度である」

若い頃の原平さんは思考という列車に乗ってどこまでも行ってしまう人だった。
どこまでも、というのは思考の極北、それはいわば「正気の終わる場所」で、その駅にたった一人降りたった彼は、幾度と知れず底なしの孤独と恐怖を味わったことだろう。
思考と理屈の行き着く先はハーレムではなくこの世の理解を絶する理不尽との相克という切り立った崖っぷちであり、それ以上進めば死か狂気しかなく、そこから引き返すには「冗談」や「笑い」という薬が彼にはどうしても必要だったし実際それは彼を救う特効薬だった。

原平さんの「いや」は思考の列車の一両目が地を離れて二両目もそれを追って地を離れようとするところで必ず現れて、彼の足を地面に引き戻す。そこに彼特有のユーモアが生まれる。














2017/04/12

霧桜

霧桜

川縁の桜シリーズはこれで終わりです。
こんな景色にはなかなか出会えないのでこれからどんな写真を撮るか悩みどころです。













2017/04/01

2017/03/27

手垢が見える写真。手垢が見えない写真。

山椿


自分の作った作品を見ていいなと思う。
なかなかそうはいかなくて、いやだなと思うことも多い。
作品が自分の手を離れて自立していること。自分の手垢が見えないことがいいなと思える条件かもしれない。
ではそれはどんなときに可能か。

もちろん手垢は付きまくっている。
それは、何を撮るかどう撮るか、撮った写真をどう仕上げるかという工程そのものが手垢の集積のようなものだからだ。
手垢は付きまくっている。しかし見るものの眼にテーマだけが入ってくる作品と手垢が前景化する作品とは何が違うのか。

おそらく手垢が目立つ場合というのは、このように仕上げたい、いや、作品自身がこのように仕上がりたがっているという道が不明瞭で、その道を試行錯誤した手垢の厚みが厚くて、そしてそれはそもそもその道が、つまりテーマが弱かったからそうなってしまったわけだが、その弱かったテーマが厚い手垢でさらに見えにくくなってしまっている場合ではないか。

良い作品はテーマが強い。
テーマが強いとあまり手垢をつける必要がない。手垢が少ないのでさらにテーマが前景化する。

〈後日追記〉
テーマが弱くてもそこには何かがあるという思いが強ければ、その思いが掘り続ける意欲につながり、掘り続けることでようやくテーマがくっきりと姿を現す。何かがあるという思いが弱ければ掘り続けることはできず、テーマが弱いまま、未練だけで作品を提示することになり、手垢が前景化した写真となる。








2017/03/25

current

current


まさか自分がメリル三兄弟を買い揃えるとは思わなかった。
3だけ持っていた時はそうでもなかったけど1と2を買ったら不思議と持ち歩くようになった。荷物が増えたのに逆に持ち歩くようになったのは撮影の自由度が広がったからだと思う。クアトロは僕には大きすぎる。メリルのコンパクトさが好き。

この写真は水面ギリギリにカメラを据えて撮った。こんな時ほどアングルファインダーが欲しくなることはない。今朝寝床の中であれこれ考えてメリルの背面液晶に潜望鏡のようなものを装着したらどうだろう、でも上からのぞき込むということは鏡一枚で上下が逆になるから、それなら結局フリップバック アングルビューファインダーでいいんじゃないか。跳び起きて、がらくた入れの中からフリップバックを探し出した。
結局ね、僕は「ちょうどいい不自由さ」を探しているのかもしれない。














2017/03/24

2017/03/23

2017/03/21

2017/03/20

forest

forest
Sigma DP1 Merrill


初代DP1の画像を見た時の驚きは強烈だった。ネットではDP1Mの評判があまり芳しくなかったこともあってDP1とDP1Mはどれくらい違うのかを確かめるために山へ行き三脚おっ立てて撮影。結果は当然といえば当然だけどDP1Mのほうが圧倒的に優れていた。DP1がf4始まりなのでDP1Mのf2.8は負けるかと思ったけどMの方が解像していた。Mはf2.8とf4が解像のピークでそれ以上絞ると落ちていく。僕としてはそれだけわかればもう十分で、さらにUNのルーペを使えば三脚は不要。シグマを使う時は解像の奴隷にならないことが大切だと思う。

玄翁池は上流の小さな池と下流の大きな池の間に細い水路があって水路の土手には冬枯れのすすきが豊かに茂っている。すすきの黄金色の光が木立を後ろから照らして玄妙な景色を作り出していた。










2017/03/19

川の風景

river
Sigma DP3 Merrill


水位観測所を今度はDP3 Merrillで。やはりDP3Mは解像がすごい。Flickrで開くと画面上端から下端に向かってピリピリ薄皮が剥がれていって、微細な粒子に覆われた画像全体が姿を現すあの感じ。
この写真はガードレールに足を引っかけて上半身を川側に乗りだして撮ったけど、川岸に降りれそうなので次回はブーツを履いてこよう。きっと川岸からいい写真が撮れる。川から蒸気が上がって靄が立っているときなんかに撮れたらいいけどそれはまた来年の冬。







2017/03/18

水位観測所

gauging station
Sigma DP1 Merrill

通勤の途中にある水位観測所。
何年も前からずっと撮りたかったけど撮らずにきた。
前作の天文台でこのトーンのイメージがつかめた。
今回DP1Mを手にしてまさに満を持しての撮影。
やれやれ、やっと撮れた。








2017/03/11

天文台

observatory


アバルトが初めての車検から戻ってきた。
一週間振りに乗るアバルトの印象は「なんちゅう凶暴なクルマや。わしはこんな凶暴なクルマに乗ってたんか」というもので、それでもやっぱり楽しくて久しぶりにドライブに出かけた。
買って三年間ずっとスポーツモードだったが、田舎道をのんびり走りたくてスポーツモードをオフにして走行。
以前はスポーツモードオフだと走りがかったるくてすぐにオンにしていたが、スロコンのおかげで走りはそれほどダルにならず、ステアリングが軽い分いい感じで走り続けた。

どこへ行く当てもなく走っているうちに山道を走りたくなって自然と行き先は大野山に決定。
つづら折れをどんどん登って山頂に着くと三月だというのに寒風が吹きすさんでいてなかなか寒い。駐車場にクルマを止めて歩いて頂上へ。そこで撮った写真が上の写真だけど、一応持って行っていたD800Eでも撮ったけど、なぜかiPhone6で撮った写真の方が気に入って、家に帰ってからその写真を加工してFlickrとブログにアップした。

この写真の仕上がりにはとんでもなく満足していて、自分で言うのも何だけど見るたびに感動している。
色のトーンが、それは中世の西洋絵画、ブリューゲルの描いた農民画やダビンチのモナリザや受胎告知の背景の色合いに似たトーンなんだけど、この炭のような黒と暗茶がなんともいえず美しい。そして遠くに光が当たっている天文台もいい。
自分の作った作品にはいつもそれなりに納得はしているが、まるで他人の作った作品のように感動できるのは稀だ。

これからもこんな作品を作りたい。スクエアがいいな。ハッセルなんかはどうだろう。ここしばらくライカM10やフジのGFXに心が揺り動かされていたけど、ハッセルでこの景色を撮ったらいいものが撮れるんじゃないか。
そう考えて以前ハッセル熱に浮かされていたときに買いあさった本を引っ張り出してきて読んでいるうちに、やっぱり自分はフイルムを現像に出して返ってくるの待つのは無理だと思い直した。
でもデジタルバックという手があるじゃないか、以前はとんでもない価格だったけどもうそろそろ安くなってるんじゃないかとネットで調べたらセンサーサイズがフイルムよりかなり小さい。大きいのもあるけど何百万もする。

うーん、ダメか。あ、しかし小さめのセンサーサイズでいいならGFXでいいじゃないか。そうだ、やっぱりGFXだ、というのでFlickrでGFXで撮られた写真を見てみたが、どれもパッとしない。何が気に入らないかというと、中判だ、中判だというわりに撮られた写真が僕のイメージする中判写真と違うのだ。
Flickrでみるハッセルの写真と何が違うかというと、中判独特の遠近感というか不思議な立体感がGFXで撮られた写真には感じられないのだ。なんというか、GFXの写真って35mmフルサイズのデジタル写真のちょっと大きいだけみたいな。いやもちろん画素数が多いだけ精細ではあるんだろうけど中判としてのありがたみがあまり感じられないのだ。

それならGFXにハッセルのVマウントレンズを装着すれば解決するんじゃないか、実際それ用のマウントアダプターも発売されだしたみたいだし。
いやしかし、35mmフルサイズよりちょっと大きいだけのセンサーサイズにハッセルのレンズを付けるだけならD800Eにハッセルのレンズを付けて四角に切り出せばいいじゃないか。そしてそれなら防湿庫に眠っているノリタの80mmF2のレンズを手持ちでD800Eに付けて撮ってみたらどうなるだろう。
それでそのとおりやってみたらそれなりの写真が撮れたけど、なんだかどんどん違う方向に行っている気がしてようやく思考と妄想の暴走列車が停止した。

寒風吹きすさぶ大野山山頂で、三脚立てて中判カメラをおっ立てて、あれこれやっている自分はやっぱり想像できない。
そもそも上の写真はiPhoneじゃないか。iPhoneでもこれくらいの精細さで簡単に撮れるのに。
そうだ、中判並みに精細に撮れるといえばシグマのDPシリーズじゃないか。
そうだ、今こそずっと買いたくてあきらめていた評判のいいメリルシリーズをコンプリートするタイミングじゃないか(僕はDP3Mをすでに持っている)。
それで今日DP1MとDP2Mを中古品で注文して妄念の暴走列車は本当に、最終的に停止した。
なんまんだぶ。

















2017/03/09

tone

tone #1
Nikon D800E Ai Nikkor 50mm f/1.2S















tone #2
Nikon D800E Ai Nikkor 50mm f/1.2S















tone #3
Nikon D800E Ai Nikkor 50mm f/1.2S









2017/03/07

ume

ume
Nikon D800E Ai Nikkor 50mm f/1.2S